築30年の借家を店舗にリノベーション

築30年の借家を店舗にリノベーション

古い平屋の借家を、住居から店舗にリノベーション。可能な限り室内の壁を取り払う事で大空間を造りました

木造平屋3DKの借家で、細かく区切られていた室内。出来る限り壁を無くし、筋交いなどを、あえて見せる事や、天井も取り払い、梁むき出しにして、大空間を造る事ができました。

店舗という事もあり、バスルームは撤去。その代りに、入り口を広い土間にして、展示コーナーとしました。

リノベーション前

リノベーション後

梁むき出しの天井は解放感があり、柱もむき出し状態ですが、室内雰囲気にマッチして邪魔な感じはありません。コスト面も考えた床材の選択。壁・天井は塗装仕上げ。レトロな雰囲気を残しつつも、オシャレな店舗となりました。

レトロな物やニッチ棚、窓など随所に工夫が満載