賃貸経営お役立ちコラム


【不動産投資で大切なこと】

  1. お金の時間的価値  
  2. 収益不動産の価値の計算方法
  3. 収益不動産の購入希望価格の計算方法
  4. 賃貸物件オーナーは経営者
  5. 賃貸経営が相続対策にならなかった例 
  6. 不動産投資のメリットとは
  7. デッドクロス 
  8. 土地の価格は「一物四価」って? 
  9. アパート建築は相続対策か? 
  10. 収益物件は立地が重要
  11. 空室を減らす為にできること
  12. 空室率の考え方
  13. 家賃値下げの判断は早めがお得
  14. 家賃の値下げ幅の決め方 
  15. 家賃が高い安いの判断は誰がする?
  16. 収益不動産の投資判断基準
  17. デッドクロス対策
  18. 収益不動産の市場価値と投資価値①
  19. 収益不動産の市場価値と投資価値②
  20. 家賃値下げは物件の市場価値を下げる
  21. グレードアップ改修工事を行うかどうかの判断
  22. 複利と割引 
  23. 不動産投資の基本的な考え方
  24. 空室率を計算する
  25. 運営費と建物の関係
  26. 出口の市場を変える
  27. 投資の目標は何か?
  28. 利回りと物件価格の関係 
  29. 不動産投資分析の出口利回り
  30. リフォーム工事の比較検討
  31. リスクが高いのはどっちの融資?
  32. 借入金の支払限度額を知る
  33. 銀行の利回り
  34. 投資利回りの図解説明 
  35. 借入をしてまで不動産投資をする理由 
  36. リノベーション投資の3つのポイント①
  37. リノベーション投資の3つのポイント②
  38. リノベーション投資の3つのポイント③
  39. 不動産投資の標準形
  40. 不動産投資の図解説明

地主家主様の不動産セカンドオピニオン窓口


不動産の売買・相続・賃貸経営・賃貸管理・有効活用などの場面で、「騙されたくない」「損したくない」「資産を守りたい」だけど今まで好意にしている不動産業者とは違った視点で、別の不動産業者の意見も聞いてみたい。そんなお悩みを持つ地主様・家主様にとっての相談窓口としてご活用ください。

 CPM®(米国公認不動産経営管理士)、不動産コンサルティングマスター、宅建マイスター、賃貸不動産経営管理士などの資格を保有している、不動産コンサルタントをセカンドオピニオンとしてご利用ください。

 

コンサルティング料金スポット相談 11,000円/1時間

 

 


収益物件の実力を数字で確認


アパート、マンションなど収益物件(賃貸不動産)の収支計算や経営の考え方を、CPM®(米国公認不動産経営管理士)の視点で賃貸経営診断、収益不動産調査レポートなどで、コンサルティングを行っています。

まずは、現状をしっかりと把握することで課題が明確になり、対策が見えてきます。